ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

MDM(モバイルデバイス管理)インボイス制度クラウドPBXシンプルフリーWi-FiレンタルポケットWi-Fi法人携帯電気

社用携帯の契約で見落としがちなってしまう3つの重要なポイントは??

企業が社用携帯の契約を選ぶ時、ただ単に料金を比較するだけでは実際のニーズに合った契約を選べないかもしれません。

以下に、料金比較だけでなく考慮すべきポイントをいくつか紹介します。

料金比較だけでは見落とす社用携帯選択のポイント

サービス内容、全体的なコスト、そしてサポート体制は一見すると見えないが、非常に重要なポイントとなります。

初めて社用携帯を選ぶ時は、これらのポイントを忘れないようにしましょう。

運用とコストに適したプランを選択

まず自社の運用に合ったプラン選択は、無駄な費用を避けるために重要です。

そのため、代理店や直営店の特性を理解し、自社のニーズに最適な選択をすることが重要です。

企業の規模による選択

企業の規模によっても、適切なスマートフォンの法人契約が変わってきます。

例えば、大規模な企業ではボリュームディスカウントを活用できる可能性があります。

保守・サポート体制の確認

また、保守・サポート体制も重要な選択基準となります。

万が一のトラブル時に迅速な対応が求められます。

最新機種へのアップデート可能性

スマートフォンの機能は日進月歩で進化しています。

そのため、最新の機能を活用することでビジネスの効率化を図ることが可能です。

社用携帯を選ぶ際の3つの重要なポイント

料金プランの選択だけでなく、以下の3つのポイントも考慮することで、より適切な選択が可能になります。

社用携帯を選ぶ3つのポイント

1. 自社が必要とするサービス

2. 通信回線

3. オプション

料金プラン内に含まれるサービスの詳細や契約期間、解約時の手数料などを確認しましょう。

 

通信回線は社用携帯選択時のもう一つの重要なポイントです。特に、地方に本社や支社がある場合は、各キャリアのエリアカバー範囲を確認することが大切です。

 

オプションも社用携帯選択の重要な要素です。

「かけ放題」などの通話料金が定額となるオプションを持つプランがおすすめです。

 

プランを選ぶ際には、自社の通話量・データ通信量に見合ったプランを選ぶことや、自社のビジネスニーズに合ったサービス内容の確認が重要です。

また、契約期間や解約金についてもしっかりと確認しておくことが必要です。

 

企業が社用携帯を選ぶ際には、単純な料金比較だけでなく、その契約内容全体を考慮することが重要です。

 

適切なプラン選択は、企業の運用とコスト管理に直結します。

選択をするためには、自社のニーズに最適なプランを見つけるために、各キャリアの代理店や直営店の特性を理解することが求められます。

 

さらに、企業の規模によって最適な契約が異なります。

 

大規模な企業では、量による割引などを活用してコストを抑えることができます。

また、保守・サポート体制の確認も重要です。

 

トラブルが発生したときに迅速に対応できる体制が整っているかどうかは、ビジネスの継続性に直結します。

 

技術の進化に対応するためにも、最新のスマートフォン機能を活用できる契約を選ぶことが望ましいです。

 

これにより、新しい技術の導入によるビジネスの効率化を図ることが可能になります。

 

そして、最も重要なのは自社が必要とするサービス、通信回線のカバー範囲、そしてオプションです。

 

料金プランだけでなく、これらの要素も考慮することで、自社のニーズに合った最適な社用携帯を選ぶことができます。

 

各要素を把握し、社用携帯の選択に役立ててください。これにより、効率的なビジネス運営と、適切なコスト管理が実現します。

社用携帯の契約後の管理と最適化の考慮点

ビジネスのスピードが加速する中、社用携帯の適切な管理と最適化は経営効率の向上とビジネスの成功に直結します。

 

特に以下の3つのポイントは、契約後の社用携帯の取り扱いにおいて絶対に見逃せないものとなっています。

データのセキュリティとプライバシー対策

社用携帯には、企業の機密情報や顧客データなど、非常に重要な情報が格納されています。

 

これらの情報の漏洩は、企業のブランドや信頼性を損なうだけでなく、法的なリスクも伴う可能性があります。

セキュリティアプリの導入:

信頼性の高いセキュリティアプリを導入し、常に最新のセキュリティ情報に更新することで、外部からの攻撃を防ぐことが可能です。

プライバシーポリシーの教育:

従業員に対して、プライバシーポリシーの重要性を教育し、企業内部での情報共有のルールを明確にすることで、情報の不正な取り扱いを防ぐことができます。

携帯のライフサイクル管理

携帯の技術は日々進化しており、社用携帯も時代の流れと共にアップグレードする必要があります。

定期的な機種変更:

2~3年を目安に機種変更を行い、常に最新の機能やセキュリティを保つことが推奨されます。

古い携帯のリサイクル:

機種変更時に古い携帯のデータを適切に消去し、リサイクルプログラムを利用することで環境への配慮とコスト削減を図ることができます。

コミュニケーションツールとの互換性

現代のビジネスでは、様々なコミュニケーションツールが使用されています。そのため、社用携帯はこれらのツールとの互換性を確保する必要があります。

アプリケーションの最適化:

使用するアプリケーションに合わせて、携帯の設定やアプリケーションのバージョンを最適化することで、スムーズな業務遂行が可能となります。

officioはお見積りだけでもOK!

他社にはない法人向け特別価格のご提案をさせていただきます。

 

  1. 充実のアフターフォロー
  2. 全国対応!オフィスで完結
  3. 携帯以外もまるごとコンサル!

 

たとえば、テレワークの実装や新規事業のスタートアップは、必要なサービスや機能を一から調査し、選定するだけでも大きな労力を必要とします。

 

このような課題を解決するために、officioのスマホアドバイザーが最適なプランをご案内させていただきます!

 

また、モバイルデバイスだけでなく、オフィス運営に必要な全ての側面についての相談もofficioにお任せください。

 

OA機器、インターネット接続、固定電話ライン、ウェブサイト制作、広告、電子契約、電気、そして人材採用まで幅広いニーズに対応いたします。

 

「運用方法」「管理方法」も併せてご提案!

 

お客様に確かな【価値】をご提供いたします。

 

法人携帯の導入をご検討中の方は、ぜひofficioにご相談ください。

PAGE TOP